スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉田清治の再検証。そして、残念。

戦時中、済州島で朝鮮人女性を強制連行、拉致したという内容の告発本を書いたことで有名な吉田清治氏。そして、彼の本を引用し、記事を書いてきた朝日新聞。


先週、朝日新聞が吉田氏の本は虚構であることを認め、大きな話題になった。朝日新聞に対する批判、不満の声も少なくなかったが、その理由は

「謝罪、お詫びという表現がない」
「見苦しい言い訳」
「遅すぎる」


など人それぞれ。

しかし、私は虚しさを感じた。
20年以上長引いてきた「疑惑」がこんな簡単に、そして静かに(?)終わるとは思わなかったからだ。

そして、とてもとても残念に思うことがある。
それは、朝日新聞が過ちを認めた「行為」は、朝日新聞ではなく、韓国から出るべきだったということだ。

韓国も吉田氏の本を「根拠」に数えきれないほどの論文、書籍、記事、放送を生産したきた。
そして、それらの資料はまた新しい都市伝説、デマを生み、それはまた、日本に対する憎しみと反感をもたらしたのだ。

実は、この問題は秦郁彦氏と済州新聞によって20年程前既に否定されたことがある。しかし、韓国マスコミはそれにはほとんど触れずに、吉田氏の本を引用し続けてきた。
研究者たちは、吉田氏の主張が事実ではないことを知っていながらも、ごく一部の学者を除いては沈黙した。つまり、「放置」「傍観」してきたのだ。

もし、韓国が朝日新聞より先にこの問題を再検証し、今まで間違った引用、間違った利用をしたことを素直に認めていたら、韓国の体質が少しでも変わる重要な転機になったと思う。

朝日新聞のように「謝罪、お詫びという表現がない」、「見苦しい言い訳」、「遅すぎる」と言われるかも知れないが、それでも韓国としては大きな意味があったはずだ。

しかし、そのチャンスはもう無くなってしまった。それが非常に残念だ。
今回の事件で一番悔しい思いをするのは韓国でなければならない。
自ら誤り、デマを除去する能力、つまり「自浄能力」を持てるチャンスを逃してしまったから。

残念。

















スポンサーサイト

韓国が2020年東京五輪開催を喜んだ?

文字色日本のオリンピック開催を喜ぶ韓国?


朝日WEBRONZAに掲載あれた金恵京さんのコラムを読んだ。
(リンク⇒ 安倍昭恵氏の日韓交流への批判に思う

その中に、少し疑問を感じる部分がある。

「韓国国内では隣国日本のオリンピック開催決定を喜び、2018年2月に平昌(ピョンチャン)で行われる冬季オリンピックを控える自国と共に頑張っていきたいとの声で溢れていた。」

という部分だ。これは、本当だろうか。もちろん、喜んで、祝福してくれた人もいたのかも知れない。しかし、韓国で私が観察した雰囲気は、どう見ても友好的ではなかった。



オリンピック開催が決まったのは、日本時間9月8日の朝だったが、その直前の9月6日、韓国政府は、放射能の危険性を理由に「日本水産物輸入禁止」の措置を取ったのだ。そして、このニュースは海外の通信社により世界に広がった。

東京の五輪開催において一番ネックになっていたのはいうまでもなく「放射能問題」だった。しかし、隣国の韓国が発表寸前に取ったこの措置は、明らかに水を差す行為。五輪誘致に影響を与える可能性も少なくないので、2日くらい待ってから発表してもよかったのに(実際、実施されたのは9日から)、なぜ韓国はこのタイミングで放射能への不安を増幅させる行動を取ったのか。



2024年オリンピック開催を狙っていた韓国
実は、韓国は2024年に釜山で五輪開催を企んでいた。誘致委員会まで組織し本格的に準備をしていたのだ。しかし、もし2020年の東京五輪が決まれば、次回の誘致計画はすべて水の泡になってしまう。同じ大陸(アジア)で2回大会連続開催は不可能だからだ。つまり、2024年に釜山で開催するためには、同じ地域ブロックにある東京が脱落した方が少しでも可能性が高まる。

file2924329_64188.jpg
<2024年釜山オリンピックの開催を準備する組織のホーム・ページ。
今は2028年に目標が変わっている。www.2024busan.com




つまり、東京五輪決定は韓国において不都合であり、打撃になる。


もし、韓国大統領、韓国政府が東京オリンピックを支援、支持するコメントを発したと仮定してみよう。そしたら、その発言をした当事者は、「釜山五輪を邪魔した国賊」になり、「自国より日本を優先した親日派」になることは明らかだ。

東京オリンピック開催を喜ぶ人がいたら同じ目で見られるのは当然。そして、実際、新聞記事、テレビ、ネット上の雰囲気を見ても、「喜び」よりは「懸念」、「不安」に近い反応がほとんどだった。(これは当時のニュース、記事を見たらわかる)。韓国政府が日本の文部相に祝電を送ったという記事にも「親日派」という批判が見られる。もちろん、2024年釜山オリンピックが水の泡になったことへの「不満」もあった。




방2





あの記事が韓国内の雰囲気とその裏をちゃんと伝えているのか、と考えてみると
私は首を傾げるしかない。

(終)

「性奴隷」を知らんぶりする韓国


gizen.jpg

関連記事:3ヶ月間「性奴隷」。数十人を相手に売春 (韓国語)




上記のリンクは、2013年5月26日韓国の「世界日報」に載った記事だ。
記事によると、10代の女の子らが、知人の少女を監禁。売春を強制したという。
また、被害者の少女は、客として訪れた男性らに監禁されていることを伝え、助けを求めたが、男性らはそれを無視して、誰も警察に通報しなかったということ。



こういうニュースは、韓国で珍しいニュースではない。
アジア系の女性を監禁し「性奴隷」にするケースもあり、
マスコミもそれを報じる時「性奴隷」という語彙を使う。


しかし、女性の人権、人間の尊厳を大声で訴えてきた韓国の団体、知識人、マスコミは不思議なほど静かで、冷静だ。


慰安婦問題(過去)にはあれだけ、国際的なネットワークを作って積極的な活動をしながらも現在進行形の問題には目をつぶってしまうのだ。



韓国で慰安婦問題を訴えたり、批判するのはマスコミに露出するチャンスも増えるし、
研究者としてのチャンスも多い。


しかし、現在進行形性奴隷問題(上の記事のような)を訴えたり、問題を拡大させようとしたら、「国の恥をなぜ広げるのか」のような暗黙の圧力をかけられたり、批判されることもあるだろう。だから、誰も動かないし、語らないのだ。


これを「偽善」と呼ばず、何を「偽善」と呼べるだろうか。



三菱重工に強制連行された人たち

今日、以下のようなニュースがあった。

太平洋戦争中に三菱重工業の軍需工場で働かされた元朝鮮女子勤労挺身隊の女性と遺族計5人が同社を相手取り損害賠償を求めた訴訟で、韓国の光州地裁は1日、原告の主張を認め同社に支払いを命じる判決を言い渡した。

(全文(日本語):http://bit.ly/16re2ia


しかし、この訴訟の「原告」の証言について知っている人は少ない。梁錦德(ヤン・クムドック)さんの証言は次のようなものだ。

小学校6年生になってから、間もない1943年5月。正木俊夫校長と憲兵近藤氏が教室に来て、「体が丈夫で、頭がいい子は挺身隊として日本に行けば、お金も稼げるし、学校にも行ける。家を一軒買えるくらいの金を持って帰郷することもできる。だから、勤労挺身隊に支援したらどうだ?行きたい人は手をあげろ」と挺身隊への参加を勧誘した。この話を聞いてクラス全員が手をあげたが、その中で10人ほどが動員された。
原告が家に帰って親にその話をすると、親はすごく怒り、幼い娘を日本へ行かせるわけにはいかないと強く反発した。原告がその話を校長に伝えたら、「指名されてから断ると、警察がお前の親を逮捕するだろう」「行く人は父親の印鑑をもらわないといけない」と言われた。原告は、親が逮捕されることを恐れ、父親が寝ている間に印鑑を持ち出して、担任先生に渡した。約20日後、孫サンオク先生(日本名:松山)と憲兵の引率で出発したが、両親は涙ながら原告を見送った。

(「私の生きているうちにこの恨を」2000年 韓国語だが原本は、日本語版らしい )



上記の話をみて「強制連行」と思う人は何人くらいいるだろうか。問題は、証言内容を証明できる物的証拠がないことだ。すべてが「証言」によるものだ。証言が嘘とは断定しなくても、片方の証言だけでは、何とも判断できない内容ではないだろうか。もし私が判事なら、判断を保留するだろう。


ちなみに、上記の本を出したのは「太平洋戦争犠牲者光州遺族会」だが、中央組織に当たる「「太平洋戦争犠牲者遺族会」は、「日本から賠償金をもらえる」と老人たちの金を騙し取った(会費、加入費などの名目)疑いで逮捕された組織でもある。
時事コリア2013.3.13「賠償金詐欺グループ、逮捕」(韓国語))。


もう一つ面白いのは、在日韓国人1世の中にも「三菱の工場」で働いた経験を持つ人がいるが、彼らの証言は上記の証言と違って、被害性、強制性を強調しないということだ。人間の記憶に頼って、過去を断定することは難しい。しかし、作り出すことは簡単だ。





プロフィール

宇宙飛行士

Author:宇宙飛行士
猿の惑星に不時着



拙著紹介

『韓国で行われている「反日教育」の実態』






「反日モンスター」はこうして作られた




最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。