スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

組長の忠告

1994年、大阪にいる韓国系ヤクザ組織の組長を訪ね、在日ヤクザについて取材をした韓国人記者の体験談がある。組長は山口組系組織の顧問を務める人で病院に入院中だった。(仮名なので具体的な情報は確認不可)
記者は、彼に「仕方がないから、ヤクザになった」みたいな物語を期待していたようだ。

つまり、徴用・徴兵で日本につれて来られて、外国人として教育の機会もなく、就職の差別の中で、'仕方なく'ヤクザになったという物語。しかし、組長は逆に記者に対して不快感を示し、記者は困惑する。以下は記事の引用。



「それで、何について書くと?」
着席を促しながら、彼(組長)は口を開いた。返事の代わりに用意した封筒を渡した。
日本語で書いた「在日ヤクザ組織の取材協力要請書」だった。メガネをかけて読んでいくうちに彼の表情が厳しくなった。要請書の中でとりわけ多い
民族史」「徴用」「徴兵」「在日への差別のような言葉が目障りだったようだ。続いて彼が言う。「韓国人はなんでもかんでも'過去の36年'(日本統治期)を持ち出すが、これからはこっち(日本内)の客観的な事情を見るのも大事だ。今は、在日韓国人に被害を受け、自殺する日本人も多いということを知るべきだ」

(「韓国系ヤクザの世界」『時事ジャーナル』270号、1994年12月29日 韓国語)




ここで、面白いのは、韓国から日本へ取材に行った記者は「在日=被害者」という認識が強いが、逆に日本にいる組長は、差別と被害ばっかり強調することに抵抗感を示すところだ。この組長の話に少し感心した。少なくとも「被害」に関する認識は、一般の韓国人が持っている認識より素直で、客観的ではないかと思ったからだ。


私は差別がなかったとは思わない。しかし、そういう社会的な偏見は減ってきたし、今も改善されつつあると思う。ところで、韓国内の韓国人はいつも在日韓国人を「被害者」としてみる傾向がある。なぜなら、韓国の新聞、ラジオ、テレビでは在日韓国人がいつもそんな風に描かれるからだ。


おそらく、記者は組長の反応に戸惑ったのだろうが、在日韓国人と韓国にいる韓国人が感じるこの「温度差」は日本社会ではなく、韓国社会に責任を問うべきではないだろうか。少なくとも組長はそう思っているだろう。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

宇宙飛行士

Author:宇宙飛行士
猿の惑星に不時着



拙著紹介

『韓国で行われている「反日教育」の実態』






「反日モンスター」はこうして作られた




最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。