スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私はヘイト・スピーチに反対する

昨日(3月1日)は、韓国の3.1独立万歳運動記念日だ。
1919年起きた独立運動を記念する行事、展示会などが開かれる


毎年、この日韓国大統領は対日発言をするため
日本のマスコミも注目する日である。


私は昨日の午前大統領の演説が予定されている
ソウル市内の世宗文化会館前に行った。


そこには、小・中・高生を対象に一つのイベントが開かれていた。
竹島について「メッセージ」を書いてポストイットで貼るイベントだった。


unnamed 3
ポストイットだらけのボックス。
何が書いてあるか気になって近くに行ってみた。



すると・・・





unnamed.jpg
<쪽바리 시발년들 / チョックパリ(日本人め、くたばれ!)>



unnamed 2
<安倍、死ねよ!くそやろ!>


image (3)
<日本人は消えちまえ。竹島はわが領土だ。Japan Fuck You>



image (2)
<日本人よ、竹島に手を出すな What the FUCK!>




明らかな「ヘイト・スピーチ」であり、「憎しみ」に溢れた表現である。


私が心配してるのは、これを書いたのがまだ「子供」であることだ。
日本でも在特会、しばき隊がお互いひどい表現を使いながら衝突しているが
小学生、中学生がこのようなことをするとの話はまだ聞いたことがない。


なぜ子供にまでこのような「憎しみ」を持たせるのか。
教育施策、政府のリードに腹が立つ。


このような子供が大人になったらどんな人間になるだろうか。
「日本統治期はよかったよ」と回顧する90代の老人を
殴り殺す人間になるのではないだろうか。


子供たちが「大人」になっている時は
私が「老人」になっているだろう。


そしたら、私は「日本に対する記憶」を語れず
黙って余生を送る静かな老人になっているかも知れない。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして
日本に住む、普通の日本人です。小学校 中学校 高校生が
このようなコトを書くのは非常に残念ですね

韓国では授業で「反日」になるように、ある意味で「洗脳」している
ような事柄が行なわれていると聞いています。

それを目の当たりにして
非常に強い衝撃を覚えましたので書き込みした次第です

Re: No title

ご意見ありがとうございます。
私もまだ幼い子供たちがあのような負の感情を抱いていることをすごく心配しています。

あのような表現も問題ですが、
それより子供たちがあのようなことを書くことについて罪悪感を感じないことだと思います。

少しずつ変わっていくことを期待しながらも
悲しくなる限りです。

No title

はじめまして。

以下の内容が韓国の学校で子供達に教えられているという記事を読んで、とても信じられないので確認させてください。事実でしょうか?


1、北朝鮮とは一度も戦争したことはない。同じ民族同志で戦争する理由は無い。

2、1945年8月15日に日本は負け、満州の日本軍がソ連軍に追われて朝鮮半島に侵入して韓国を
占領した。日本軍は、韓国人を虐殺し悪逆非道の限りを尽くし韓国を占領し居座りつづけた。

3、1950年6月25日に、米英仏韓の連合国軍が侵略者の日本軍を朝鮮半島から追い出す戦争が始まり、勝利した。

4、中国軍と韓国軍は「韓国戦争」で供に戦った同志だ。

5、慰安婦とは、日本が「韓国戦争」の時に朝鮮人女性20万人を強制連行してジープに乗せて売春させていた。

6、1945年8月15日とは、日本が戦争に負けた日で韓国の建国記念日である。(併合から8月15日の独立の前後経緯は、「韓国戦争」とつじつまが合わないので教えていない)

7、竹島は「韓国戦争」で日本を追い出し取り戻した固有の領土だ。

8、北朝鮮と1964年に国境紛争が発生したが、同じ民族で殺し合う大きな戦争にならなかった。

9、日韓条約は賠償条約で、韓国の立場はこの条約を基本にしてる。

10、韓国は戦勝国で、連合国設立に参加した当事国で最初の連合国(国連)加盟国である。

Re: No title

全部嘘です。

No title

はじめまして失礼いたします。
こんなことをいうと非常に不穏ですが、わたくしはヘイトスピーチが高まることはある種、両者に現実を認識させると思います。お互いの攻撃性が高まり、放出され、双方がそれなりの傷を負ってこそ、それを自分自身の攻撃性についての報いであると考え反省することができるのです。
今、われわれは、憎み、攻撃するということに当然に付随する「やり返される」ということを念頭においていないのです。 つまりは、きっと相手はやり返さないだろうと憎む相手に、子供のように甘えているんです。

必ずしも両国が友好関係にあるべきとも思いません。仲良くできればいいのはその通りですが、国益を追求する過程で対立は避けられないものです。そういった当たり前の国と国との関係を、双方の国民が理解することを望みます。日韓は戦争染みたことをしてこそ、少しは大人になれるのかもしれませんね。
プロフィール

宇宙飛行士

Author:宇宙飛行士
猿の惑星に不時着



拙著紹介

『韓国で行われている「反日教育」の実態』






「反日モンスター」はこうして作られた




最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。